ついに買ってしまいました!

以前からギターは買ってもヴィンテージギターの世界にだけは入門しないだろうと思っていたのに(笑)

まあヴィンテージギターと言っても私が買ったのはヴィンテージギターの世界ではそんなに大したものではないんですけどね。

高いヴィンテージギターは1000万円を越すこともザラなので(笑)

でもいいんです。自分が気に入ってるから。完全に自己満足の世界です。

今回購入したヴィンテージギターはこれ。

1969年製 Fender USA 1969年製 MUSTANG Competition Orange です。
写真 2017-08-20 2 15 33

1969年製はコンペオレンジの生産が開始された初年度ということでヘッドもマッチングヘッド仕様です。

写真 2017-08-20 2 16 24

全体的に経年変化でオレンジが少し退色してきています。また、塗装にも小さなクラックが出来ている場所がありますね。

写真 2017-08-20 2 15 55

ムスタングというと同名の車のほうが有名ですね。日本語だと「暴れ馬」「じゃじゃ馬」という意味になるそうです。

このムスタングというギターは元々はスチューデントモデルといって入門者ようのギターだったのですが、日本では意外に人気があるんですよね。

日本でムスタングを使用している有名なアーティストと言えばCharさんですね。

最近ではHydeもVAMPSのほうでムスタングを使ってるイメージです。

海外ではカート・コバーンやソニック・ユース。

あとはアニメのキャラですが「けいおん!」の中野梓ことあずにゃん。

バンド漫画「BECK」の田中幸雄ことコユキ。

おそらく他にもムスタングを使用しているアーティストはたくさん居るのでしょうがわかりません。

また、このムスタングというギターはカラーバリエーションが多いことでも有名です。

今回私が購入したカプリオレンジという色にコンペラインの入ったムスタングは生産本数が非常に少ないレアカラーで一時期は40万~50万円程で取引されていましたね。

先程紹介した「BECK」のコユキと同じカラーです。

ちなみに私は上に挙げたアーティストが特に好きというわけでもありませんw

特に誰かに憧れてこの色に決めた!というのはなくてですね。

私が所有している他のギターは黒が多くて、せっかくだから持ってないギターの色にしようと思ってたからです。

もちろんこの色がカッコイイし珍しいからライブハウスで目立つだろうなー、というのも購入動機の1つであることも間違いないです。

黄色系の色のギターって少なくないですか?レスポールジュニア以外で黄色系の色って見たことないです(笑)

ちなみにあまり人気のないダコタレッドのムスタングなどであればまだ18万~22万円程度で購入できると思います。

70年代後半から80年代のムスタングであれば16万円程度で選び放題だと思います。

現行品ではフェンダージャパンとスクワイヤーからもムスタングは出てますね。値段は3万円台~10万円いかないぐらいでしょうか。

フェンダージャパンの場合ちょっと頑張ればヴィンテージが買えてしまうのが悩ましいところですね。

ただ価格が安いし、自分好みに改造して理想のムスタングを作るにはジャパンはとても良いと思います。
(実はフェンダージャパンのMG-65も所有してます。)

私も今回このギターを購入するにあたってやはり価格面で物凄く悩みました。

決して安い買い物ではないですからね。

しかし1969年製のムスタングのコンペオレンジとしてはかなり安い価格で売られていたので思い切ってヴィンテージを買いました。

現行品のムスタングを買っても多分後でヴィンテージがほしくなるだろうし(笑)

それに今回買い逃したら同じような値段で同じギターには会えないんじゃないか?とか考えたり。

ヴィンテージギターのコレクターとしてはパーツが交換されていない所謂フルオリジナルという状態に近い程ヴィンテージギターの価格は高くなります。

今回購入したこのムスタングは結構傷など多かったこと、消耗品であるポットやジャックなどの電装系、フレットの打ち替えなどが行われていたため相場よりだいぶ安く買うことができました。

私はヴィンテージギターのコレクターではなくプレイヤーなのでこういう理由で安くなる分には全く問題ないですね。

これからライブでもガンガン使っていってやろうと思っています。

今後ヴィンテージギターの購入を考えてる人はコレクション目的なのか、実際に使っていくつもりなのかも考えてみてもいいかもしれませんね。

さて、肝心の音のほうですが・・・

はっきり言ってよくわからないです(笑)

いや、もちろん普通に「良い音」なんですよ!

でも他のヴィンテージギターをそんなに弾いたことがないので、ヴィンテージギターとして良い音なのかはわからないですね。

まあ都会ならともかく田舎にはあまりヴィンテージギターを試奏できる環境がないのでしょうがないんですけどね。(特に高知県は)

ムスタングとしてなら私の所有しているフェンダージャパンのMG-65と比べると、明らかに音のキャラクターが違いますね。

形は一緒だけど音は全然違います。

どっちかというとジャパンのほうが素直で使いやすい音だと思います。

USAのほうは良く言われる「暴れる」感じですね。人によっては使いにくいって感じるかも。

でもこれは音の善し悪しではなく正直好みの問題かもしれないですね。

またこのムスタングというギター(というかフェンダー系全般)は調整で弾き心地や音が物凄く変わるので、信頼できるリペアマンの人にきっちり調整してもらおうと考えてます。

一通り調整してからじっくり弾き倒してみようと思います。

また、ヴィンテージギターの魅力は音はもちろんなんですが、この長年使い込まれたルックスも魅力の1つですね。

ヴィンテージギターはボディの塗装がラッカー塗料で塗られており、これが経年変化でいい味を出すのですよ。

1969年製のムスタングは下地塗装がポリ塗装でなのでオールラッカーではありませんが、表面にうっすらとウェザークラックが入ってきてますね。

オールラッカーのヴィンテージギターを見たことありますが、ウェザークラックが凄くて貫禄があったのを覚えています。

あとこれも凄く驚いた点なのですが、指板のローズウッドも目が詰まっていて最近のギターのローズウッドとは全然違いますね。

やはり当時と現在ではギターに使える木材の室が結構違うのかなーって思ったり。

しかし、ぶっちゃけ私も最初はヴィンテージギターに対してそんなに良いイメージを持ってなかったんですよ。

きっと楽器屋のセールストークに違いない!とか、前の持ち主の汗とか汚れが付いたギターがなんであんなに高くなるんだ!?とかね(笑)

でもギター雑誌を読んだりすると大体のギタリストがヴィンテージギターを所有してたりするんだよね。

実際にヴィンテージを持ってる人のブログやサイトを見たりして(実際に持ってる人は意外に少ないのかあまり探せなかったけど・・・)

2chの過去スレなんかも読みまくったり・・・

情報を集めまくった末に出した私の結論が「とにかく買えばわかる!」です(笑)

というか買って所有してみなければわからない!百聞は一見に如かずとはよく言ったものです。

悩む時間がもったいない!とにかく買え!と思った瞬間買ってしまいましたw

とにかく買って弾きまくれば長年の疑問のほとんどは解決するに違いない!と思いました。

まあそれでも一週間ぐらいは買おうか悩んだんだけどね!(笑)

これから初ヴィンテージギターを楽しみたいと思います。

もっともっと練習して弾きこなせるようにならねば。

写真 2017-08-20 2 16 34

それではまた!