こんにちは。

ひさしぶりの更新になりますね。 

今回紹介するエフェクターはこちら。
写真 2017-07-10 2 34 25


写真 2017-07-10 2 34 41

BOSSのコンプレッサーの中で名機と名高い「CS-2 Compression Sustainer」です。

BOOWY時代の布袋寅泰が使用していたことで有名ですよね。

海外のアーティストだとデヴィットギルモアあたりが有名でしょうか?

BOSSの現行品のコンプレッサーは「CS-3」「CS-1X」の二種類がありますが、あえてこの「CS-2」を使うギタリストも少なくないのでは?

特にBOOWY時代の布袋寅泰のサウンドを再現する上では結構重要なエフェクターだったり。

それはやはり単純に性能の良し悪しではなくて「CS-2」でしか出せない音があるからだと思います。

私は「CS-3」も所有しているのですが、やはりコピーする曲やバンドによっては「CS-2」を使用しますね。

ベーシストで「CS-2」を使ってる人も見たことありますね。

肝心のサウンドの方ですが、どちらかと言うと自然なコンプレッションがかかるのは「CS-3」 ですが、それはあくまでBOSSのコンプレッサーの中ではということで、自然なコンプレッションを求めるのであれば高価なコンプペダルを買うのが最も簡単でしょう。



最近新しく発売された「CP-1X」なんか良さげですよね。まだ試してないのでなんとも言えないのですが、BOSSのXシリーズは本当にクオリティが高いと思います。

個人的には今一番欲しいコンプペダルです。


そしてやはりBOSSにはBOSSのコンプの音がありますね。

「CS-2」「CS-3」よりはコンプが掛かったような音になりますね。

音色も少し「CS-2」のほうが暗めでダークな感じになります。おそらくTONEツマミがなく調整できないからというのもあると思いますが。

なので、そういう音を狙って使うのであれば「CS-2」を使う価値は大いにあると言えるでしょう。

それに対して「CS-3」はTONEノブも付いているので、明るめのサウンドで、守備範囲はそこそこ広く、優等生的なコンプペダルと言えるでしょう。

また「CS-2」は少しノイズも多いので歪みと併用する場合はノイズに注意です。ノイズに関しては「CS-3」の方が気持ち少ないような気がします。

そして派手にかかるコンプと言えば「MXR ダイナコンプ(通称 ダイコン)」の存在もあります。


より強くて特徴のあるコンプサウンドを求めるのであれば最初からダイナコンプを買うほうが良いかも知れません。

エレアコにダイナコンプを効かせてコードストロークなんかすると凄く気持ちいいです。

本当にパコパコという音になります。

まあここはもう完全に好みの問題なのでどちらが良いとか悪いとかではないです。

ちなみにダイナコンプも結構ノイジーですね。

私はダイナコンプはクリーンからクランチで使うほうが好きですね。

こんなかんじで色々と書きましたが、現在生産されていないエフェクターではあるものの「CS-2」はまだ手に入りやすい部類のエフェクターだと思います。

なので気になるなら思い切って買ってしまっても良いと思います。

そんなにプレミア価格になっているエフェクターでもありませんからね。

でも一番最初に買うコンプではないかな〜。と個人的には思います。

コンプ初心者には「CS-3」のほうをオススメします。


ちょっと高いけど「CP-1X」でもいいかも。


そしてコンプの魅力にハマったらどんどん他のコンプペダルを買っていったらいいと思いますよ(笑)

それではまた。