share_house

こんにちは!ひさしぶりの更新になります。


今回は自分でもシェアハウスを始めてみたい!運営してみたい!ルームシェアや民泊を始めてみたい!という人向けに、私が2年間シェアハウスを運営して学んだことや気づいたことを書いてみました。

もし何かしらの参考になれば幸いです。


1.シェアハウスに適した物件とは?

house_ie_sagashi

シェアハウスを運営するにあたってまず最初にやらなければならないことが物件選びですよね。

ここは誰もが悩むところだと思います。

私の場合は空き家を活用するというコンセプトがあったため、あまり物件を選ぶということをしなかったのですが、もし物件選びが可能でなおかつ資金に余裕があれば人が集まりやすい都市部で物件を選ぶのが無難でしょう。

もちろん人の集まる都市部でなければ絶対にシェアハウスが成り立たないというわけではありません。

しかし、何の考えもなしにシェアハウスを開いても人は集まりにくいでしょう。むしろ都市部でもライバルが多く難しいかもしれません。

また、最近は都市部では大手の不動産などが内装や設備の豪華なシェアハウスを次々と展開しているので、個人のシェアハウスではハード面ではなかなか太刀打ちできないと思います。

これからシェアハウスを運営しようとしている人は何かしらの明確なコンセプトを持って、そのシェアハウスならではのコンテンツを考えてから始めるほうがよいでしょう。

そしてそのコンセプトやコンテンツが実現可能な立地を選ぶのが大切でしょう。

ここがうまくマッチすれば都市部だけでなく、田舎でもシェアハウスを運営していくことが可能になると思います。

現にただの住居である家にその土地ならではの付加価値を付けることによって限界集落でも運営に成功しているシェアハウスなどもありますね。

この辺はアイデア勝負だと思うので、いろいろなシェアハウスを見学したりしてコンセプトやコンテンツを考えてみるといいと思います。

そうすれば自然と考えた内容に合った物件を選ぶことができると思います。


2.初期投資はいくらかかるの?

money_bag_yen

これもみんなが気になるところでしょう。

ぶっちゃけますと、私の場合は約400万円かかりました。

これは私の場合は古い空き家だったということもあったので、どうしても人が住むに当たって安全上の問題や利便性の問題で直さないといけないところがあったからです。

費用を抑える為に極力自分で出来ることは自分でやりましたが、それでも当初予想していたよりも費用が掛かりました。

ただ、初期投資に関しては実際どこまでこだわるか?でかなり差が出てくるところです。

部屋の家具一つでもこだわれば何十万円もしますし、こだわらなければ極端な話貰い物なんかをそのまま使ってもいいわけですよね。

それこそメルカリやアッテ、ツイッター、ヤフオクやジモティーなんかを活用すればかなり予算を抑えることができるでしょう。

こだわりを実現するためにどこまでお金をかけるか?は実に悩ましいところです。ただ、この悩んだりする時間も結構楽しかったりするんですけどね(笑)

また、シェアハウスの運営にあたって必要になりそうな物はどんなに細かい物でも考えつく限りリストアップしてみましょう。


金額の小さい物でも積み重なれば結構な金額になるものです。


多少の誤差は仕方ありませんが、少しでも必要になるお金の見通しは立てておいたほうが良いです。




3.住民の募集とハウスルールについて


text_bosyuchu
シェアハウスができたら次は住人を探さなければなりません。

というか募集してもすぐに住人が決まるとは限らないので、シェアハウスが完成する少し前ぐらいから募集をかけてもいいですね。

住人を探す方法はたくさんあります。

シェアハウスのHPを作って住人を募集したり、不動産屋さんにシェアハウスの物件情報を載せてもいいし、ツイッターやフェイスブックで住民を募集してもいいと思います。 

シェアハウスによっては期間を区切って募集をかけたり、イベントや内覧会を開いたりしてるところもありますね。

私の場合は一応HPも作成しているのですが、実際はあまりHPからの申込みはないんですよね。

HPを見てシェアハウスに見学に来てくれる人は一定数いるんですが、入居が決定する割合はそんなに高くないですね。

やっぱりイメージと実際に見た時のギャップは良くも悪くもあると思います。

まあそのための見学なんですけどね。

うちの場合は誰かの紹介というパターンで入居が決まることが多いです。

そして住人が決まってきたらハウスルールを作ったほうが良いでしょう。

ハウスルールがないシェアハウスもあるのでしょうが、ハウスルールがあるシェアハウスのほうが一般的でしょう。

私のシェアハウスにもハウスルールがあります。

ハウスルールを作る際に他のシェアハウスのハウスルールをかなり参考にさせてもらいました。

シェアハウスによってはハウスルールを公開しているところも多いので、一度見てみるといいでしょう。

あまりにガチガチにルールを決めてしまうと住人にとって不便に感じる場合もあります。

かといってルールが自由過ぎるとカオスな空間になってしまう恐れがあるので難しいところです(笑)

ハウスルールは住人同士がお互いに快適に暮らすために作るものだと思います。

よく考えて作り、場合によっては住人同士で話し合ってルールを追加したりしてもいいかもしれません。


 まとめ

tabi_matome

いかがでしょうか?

ひとことにシェアハウスと言ってみても様々なシェアハウスがあると思います。

もしこれからシェアハウスを始めてみよう!と思っている人がいたらこれらのことを参考にしてみてください。

もちろんここに書かれていることが絶対的なことではありませんし、もっと良いやり方なんかもあると思います。

私もこれから色々な経験やトラブルがあると思いますし、日々勉強の毎日です。

私の経験がこれからシェアハウスにチャレンジしようとしている人の役に立てれば幸いです。

それではまた。