どうも、暇を見つけては夜な夜なリフォーム作業を進めているしぶやんです。


最近はずっと部屋の内装を作業しているのですが、あまりまとまった時間が取れずに予定よりも作業が遅れています。


本格的に寒くなる前に仕上げたいのですが・・・


まだまだ先が長そうです(笑)


とりあえずこちらの壁は一面板壁化が終了しました。
写真 2016-10-23 19 29 07
余っていた端材と適当に切ったパイン材で壁を敷き詰めていきました。


一応作業工程としては、カットした後にヤスリ掛けをして角を整えてから貼り付けています。


木材のカットは全てノコギリで手作業です(笑)


正直電動ノコでやればあっという間に終わるような気がしてますが、このタイミングで買ってもなーって思ってなかなかポチれずにいますw


なので、今回は根性で全てノコギリで手作業でいきたいと思います、


パイン材はランダムに配置していますが、長さを整えたり模様を作ったりなんかもお好みでできますね。


時間と手間さえ掛ければヘリンボーン柄なんかも可能だと思います。


私はランダムパターンが好きだったことと、あまり一枚の板が長すぎると反りが起きた時に大変そうだったので、短い端材を貼り合わせていくことにしました。


木材って意外と簡単に反るんですよね。


ギターのネックみたいなもんです。


ホームセンターなんかで売られている木材なんかも全部がキレイにまっすぐになってるわけじゃないので、購入前に反りがないかチェックしたほうがいいですよ。


まあ作る物によりますが。


ちなみに木材は同じ長さに切ったとしても必ずしも同じ重量になるとも限りません。


個体差ってやつですかね?まあ木も生き物って考えると当然といえば当然か(笑)


板壁の完成後は何色に塗装しようか考え中。


ワトコオイルやブライワックスで仕上げるか、それともバターミルクペイントなんかで白くするのもありかな?


パイン材無垢の質感も気に入っているんですがね〜。


どうしても木材のカビ防止などを考えると塗装は必須かなと。


賃貸物件ではないので、パイン材は既存の壁に両面テープと木工用ボンドでどんどん貼り付けていってます。


現状回復の必要がないのでその点は楽ですね。


もし賃貸物件などで似たようなことやる場合は幅の広いマスキングテープとタッカーを使うといいと思いますよ。
写真 2016-10-24 8 00 51

写真 2016-10-30 18 31 44
こうやって少しずつ形になっていってます(笑)


ちなみに写真に写っているブラインドはニトリで買いました。


個人的にはニトリで最もお買い得なアイテムの一つが実はこのブラインドなんじゃないかと思っています。


お値段は最も安い物でなんと税込み599円!(幅60cm×丈98cm)


今回使った物は税込み1190円!(幅88cm×丈183cm)


とてつもなく安いと思います、まさにお値段異常ですね(笑)


サイズも豊富にあるので、安いブラインドをお探しの方は一度ニトリを覗いてみるといいかもですよ。


まあこんなかんじでボチボチやっていきます。


ぞれではまた。