こんばんは!


梅雨なので暑くてジメジメしていて嫌になりますね。


特に雨の日の湿気がヤバすぎィ!


髪の毛がうねるうねる(笑)


さらに6月は祝日がない!


しかし嫌なことしかない6月にも高知の人間にとっては大きなイベントがあります。


それは「輪ぬけさま」 です。
45
輪抜けさまとは、高知で毎年6月末に行われる夏越祭のことです。


本来であれば厄落としと無病息災を祈るのですが、多分ただのお祭りとして参加している人たちが大多数だと思います(笑)


高知県中の神社で行われるイベントなので、高知県民にとってはとても大きなイベントなのです。


人がたくさん来る大きな神社に行く人、いくつかの神社を回る人もいれば、地元の神社に行く人もいます。


子どもからお年寄りまで参加するお祭りですね。カップルで来てる人達もいます。


私は大人になってからはあんまり行ってませんが、子どもの頃は凄く輪抜けさまが楽しみでした。


なぜなら輪抜けさまの日は屋台がたくさん出店されるからです。


食べ物はもちろん、金魚すくいや型抜き、くじ引きなんかも出店してます。


ちなみに私が屋台で一番好きなものは玉子焼きです。(キャラクターカステラも美味い!)


まさに夏祭りといったかんじ。


輪抜けさまに行けば必ずと言っていいほど同級生と遭遇しましたね。


というか昼間の学校で友達と「おまえ今日輪抜けさま行く?」とか話題になってましたね。


最近の小学生や中学生達の間でもやはり楽しいイベントになってるのかな?


この輪抜けさまは名前の通り、神社に用意された大きな輪っかを抜けるんですよ。


参加してみたらわかるのですが、輪っかの抜け方にも手順があったりするので、もし今年初めて輪抜けさまに参加する予定の人は輪っかのそばにくぐり方が書かれた立て札あるので見てみてください。


私は今年は行くかはわかりませんが(笑)


ちなみになぜかはわかりませんが、輪抜けさまの日は必ずと言っていいほど雨が振ります。


私の知る限りでは雨が振らなかった日はなかったと記憶してます。


なぜだろう?


今年は晴れるかな?