こんばんは、マフティーです。


最近こんな物を見つけたので買ってみました。
 

なんとこれは壁紙の上からそのまま塗れてしまう塗料だそうです!


商品名は「イマジンウォールペイント」


全部で69種類も色があるみたいです。


Amazonやホームセンターでは見つけることができませんでした。


もしかして楽天市場でしか売ってないのかな?


ちょうどシェアハウスのトイレの壁をなんとかしたいと思っていたところなので、今回はこのイマジンウォールペイントを試してみました。


別にトイレの壁が汚れてるというわけでなかったのですが、花柄のちょっと古くさい(良く言えばフローラルな)壁紙だったので変えたいなーって思っていたんですよね。


何色に塗るか迷ったのですが、一面だけグリーンにして他の面はホワイトにすることにしました。


いわゆるアクセントクロスってやつですね。


そんなこんなで届いたのでとりあえず塗ってみました。
34
例のごとく作業前の写真を忘れてしまいました(笑)


まだ細かいところは塗れていないのですが、こんなかんじになりました。


LINEみたいなグリーンですね(笑)
12
この「イマジンウォールペイント」は塗料の伸びが良くて、かなり塗りやすかったです。


写真を見ていただければわかると思いますが、発色もかなりグッドです。


塗料の隠蔽力も強そうなので、二度塗りすれば下地の壁紙が暗めの色でもキレイに発色しそうですね。


塗装の基本ですが、塗装する前は軽くでもいいので下地をキレイにしておきましょう。


塗料の食いつきが全然変わってくるので、塗っている途中で剥がれてきたなんて事態を防ぐことができます。


参考までに私の塗装の手順をご紹介。


まずは色の濃い面から塗りたいので、それ以外の部分に塗料がつかないようにマスキングテープを貼っていきます。床にも塗料が垂れた時のためにも新聞紙などを広げておくといいですよ。
(この作業を養生と言ったりします)


養生ができたら、大きめの刷毛でど真ん中から端に向けて適当に塗って、端に近くなったら小さな刷毛(場合によっては筆)で細かい部分を仕上げていきました。


最後にマスキングを剥がしていきます。


この時に注意点が一つ!


マスキングは絶対にゆっくり剥がしていってください。


勢いよく剥がしてしまうと塗料の乾き方次第ではせっかく塗った塗料ごと持っていかれることがあります。


こうなるとリカバリーが大変ですし、なにより精神的にかなり効きます(笑)


最後まで油断せずにいきましょう。


マスキング(養生)は面倒臭いかもしれませんが、マスキングしたほうが絶対キレイに仕上がると思いますし、結果的に時間もかからないと私は思っています。


今回はトイレという狭い空間の壁だったので刷毛と筆でよかったのですが、もっと大きな壁を塗装する時はローラーを使うとムラなく綺麗に仕上がりますよ。


初めて塗装にチャレンジする人はおそらく道具も持っていないと思うので、こちらのセットを買ってみてもいいかも知れません。


それと、筆は100円ショップなどで買ってきてもいいと思いますが、刷毛は極端に安いものは避けたほうが無難です。


なぜなら刷毛の毛が塗っているそばから抜けていきます。


当たり外れがあるのかもしれませんが、私の経験上避けたほうが無難です。


また、塗装する時は換気に注意しましょう。


この「イマジンウォールペイント」は少し匂いがあります。


塗装中に気分が悪くならないように換気を十分するようにしましょう。


このトイレももう少しで完成なので、完成したらまた更新します。


それではまた!