Airbnb(エアービーアンドビー)
という言葉を聞いたことがありますか?
bnb_billboard_01-2000x1125これは簡単に言ってしまえば、自宅の空き家や空き部屋などを旅行者などに有料で貸し出すサービスのことです。


インターネットを通して予約などをして、世界中の家に泊まることができるという旅行や旅が好きな人にはとても興味深いサービスですよね。


もともとは欧米を中心に広がりつつある「シェアリングエコノミー(共有型経済)」の流れから出てきたサービスのようです。


Airbnb(エアービーアンドビー)欧米だけではなく、日本でも既に広がりつつあるサービスになってきたように感じます。


個人的には今後の空き家活用にも活かせそうなアイデアがたくさんあるような気がしています。


ちなみに2015年10月現在では高知市では17件の物件が登録されていますね。


ということで、今回はこのAirbnb(エアービーアンドビー)についてどのようなサービスなのかを詳しくまとめてみました。


ホスト(貸す側)とゲスト(借りる側)

Airbnb(エアービーアンドビー)では、宿泊場所を提供する人をホストと呼びます。


また泊まる場所を借りる人をゲストと呼びます。


ゲストはホストの提供する宿泊場所を有料で借りることになります。


そしてそのほとんどが普通のホテルよりも格安となっていることが多いです。


また、ホストはゲストから評価(レビュー)が付けられます。


この評価(レビュー)によってホストがどんな人なのかをゲストは判断することができます。


ホストによってはゲストと交流してくれるホストもいたり、観光スポットを教えてくれたり、地元をガイドしてくれたりするホストもいるようです。


その反対にまったくゲストと交流をしないホストもいますので、その場合は本当にただ泊まるだけになりますが、そこはゲストの好み次第ですね。


また、ある一定の評価を満たしたホストは「スーパーホスト」としてAirbnb社から認められます。


ホテルに泊まるのと何が違うの?

これは一言で言ってしまえば「体験」でしょうか。


旅行先、旅先の現地の人の家に泊まるという体験はホテルでの宿泊とはまったく異なる体験になるでしょう。


先に述べた、ホストとの交流があればさらに貴重な体験になりますよね。


よくAirbnbを利用している友人からもホストと一緒に朝まで飲んだよ!って話を聞いたりしますね。


また、ホテルと違ってユニークな部屋がいっぱいあります。


まだ私も日本では見たことありませんが、海外ではお城などを貸したりもしているとか!


確かに海外の物件を見てみると、映画に出てきそうなプール付きの豪邸とかも結構ありますね。


このような面白い物件が多いのもAirbnbの特徴と言えるでしょう。


Airbnbでのトラブルは?

Airbnb社ではトラブルを防ぐ為に様々な対策を立てています。


例えば宿泊料金の決済などはAirbnb社が代行するので、現地で直接ホストとゲストが金銭のやり取りをすることはありません。


先に述べたゲストのレビュー制度もそうですし、何かトラブルがあった時にはAirbnb社のスタッフが24時間365日対応してくれるそうです。
04
また、部屋を貸す側のホストに対してもAirbnb社による保証制度などもあります。


もちろんここまでやったからといってもトラブルがゼロというわけではないと思います。


約束の時間にゲストが来ない、ホストから連絡がないといった小さなトラブルはいつでも起こりうるものです。


そういったトラブルを回避する為のレビュー制度だったりするんでしょうけどね。


そういった部分も含めてこれから成長していくサービスのように思えます。


まとめ

とまあAirbnb(エアービーアンドビー)について簡単にまとめてみました。


利用してみたいと思いましたか?


利用してみたいと思った人も、そう思わなかった人も、こんなサービスがあるんだ!ってことを知っていただけると幸いです。


「もうホテルは飽きたよ!」って人や、「変わった部屋に泊まってみたい!」って人にはピッタリなサービスですよね。


しかも料金が安い!となれば利用してみようって思っちゃいませんか?


個人的には面白いサービスだと思うし、今後どんどん成長していくサービスではないかと期待しています。


ちなみにこのブログはAirbnbで実際にホストをされていた方が書いているブログです。
Recharge House(充電ハウス)


Airbnbについて色々書いているのでぜひ読んでみてください。


もしかしたらそのうち私もホストかゲストかわかりませんがAirbnb(エアービーアンドビー)を利用することがあるかもしれませんね。